ページ

2018/09/19

【DAIKU GASSHOW】終了しました★その1?

DAIKU GASSHOW



全公演、無事に終わることが出来ました。



ご来場下さいました皆様、関係者の皆様、スタッフ&キャストの皆様、本当にありがとうございます。



心よりお礼申し上げます。



ありがとうございました!








、、、



、、、



はー、終わったー。



やっぱり舞台はてーへんだー(笑)



終わった後、脳みそバリーンってなるー。



その話を打ち上げでするとバンさんに、ちょっとなに言ってるか分からないって言われた。



なるよー。ジュイーンって。




今回、再演を望む声の多いこと。



大変嬉しく思っております。



ただ今再演に向けて、なにやら動きがあるようです。



信和さんの最高の大道具、とってあるので大丈夫!



沼口さんの最高の音楽、データなので大丈夫!



もっと色んな人に観てもらいたいな。






さて、ここらで文字数制限のないブログの良いところで、少し、内容のお話を、、、(めったに書かない分、長文だよー)




まず、一番最初に考えてたことは



「全くの素舞台から最終的にでっけー建物がどっかーんって出来たら、度肝抜かれるよね〜。」



でした。



で、なんで建てるのかっつーと「衣食住三部作」みたいなのが出来たら良いなぁと、やんわり考えてて、【DAIKU GASSHOW】は、その「住」の部分。



その次は



「大工だから第九に合わせてライブで建ててったら面白いよねー」



という安易な発想でした(笑)



でもこれ、のちに聞くと既出らしく、既に【大工×第九】はやられてるらしいとの事で、残念だったけど、アイデア自体はまあ、単純なので被るちゃ被りますね。



それで、次に考えたのが、【誰が演奏するのか】でした。



今回、主役の「慎之介」というキャラクターは最初、普通の男の子でした。



で、プロットや台詞を書き始めてすぐに「なんか違うぞ、、、」と。



今回の第九の演奏は、何というか「脳みそぱっかーん!煩悩どっばーん!なにこれー!」な演出にしたかった。



1999年の師走。


なんだかごちゃごちゃしたあの時。



その雰囲気を第九の演奏にのせたかった。


あの「いい未来」がくるのか「わるい未来」がくるのか分からないあの時を。



そんなごちゃごちゃをまとめる指揮者って何だ?



やっぱり見えない明日を見つめる人間って何だろう。



この時、どこかで聞き齧った一つの言葉が、それはもう電気がショートするようにバチバチーって頭に響きました。



「あいえす」



あれ?なんだったけ?



「あいえす、アイエス、IS、、、そうだ、確か、中性の人達だ。」



そうだ。



男でも女でもない。そしてどちらでもある。



そんな人が奏でる音楽が聴きたい。



そんな人が視る景色を視てみたい。



慎之介、僕はきみに会ってみたい。




それからはISの勉強と、どう描くのかの戦い。



今までジェンダーに関する知識は殆ど「なんとなく」で済ませてきてました。



今回、ジェンダーに関する勉強をすればするほど、知れば知るほど、自分が変わっていくのがわかった。



なんというか、、、優しくなれた。



慎之介を通して、慎之介を描くことで、僕自身も優しくなれた。



それがとても嬉しかった。



ありがとう。




そして次に【誰が慎之介を、演じるのか】ですよ。



主演のSO君は、もう本当に、僕の想う慎之介。



慎之介そのもの。



彼とは、56年前博多座で共演して以来。



その時はあまり絡む事なく、それっきりでした。



ずっと「慎之介を誰にお願いするか」と悩んでた時、他劇団のある舞台の稽古中だったのかな、出演者の人に用があって、部外者の僕は稽古場の外でウロウロ困り果ててた時に、たまたまSO君が出てきて、SO君にその出演者を呼んできて貰うように頼んだんです。



もうね、カミナリ。



「あーーー!いたーーー!慎之介がいたーーー!」



ですよ。



胸を撃たれるとはこの事。



その他色んな奇跡に恵まれ、無事、慎之介くんに出会えました。








そして慎之介におねーちゃんが欲しいなと思い、【gift】の仲宗根治枝の弟?妹?にしました。




もうバカソネこと中村公美ちゃんとSO君の相性の良いこと良いこと。








そこから、この二人を中心に物語を進めていくことに。



あとはキャストの皆さんから「台本はまだか〜、ラストはどうなる〜」のプレッシャーの中、ぎいい!ってなりながら書きました。



本当に最高のキャスト陣でした。







ありがとう。




数え上げればキリが無いほど、言いたいこと、書きたいことはあるけど、最後に、、、





みんなに会えて良かった。





あなたに会えて良かった。





生まれて良かった。





本当にありがとう。








2018/09/19   鶴賀皇史朗







追伸



あ、今日はSOくんの誕生日らしい。



お誕生日、おめでとう。



生まれてくれて、ありがとう。



またね。





2018/07/04

生きた!そして次へ! DAIKU GASSHOWだ!

劇団ショーマンシップ「生きろ!」

無事終了いたしました★

ご来場下さいました皆様、本当にありがとうございます!

もう終わってから全身痛くてダウンしておりました(笑)

この「生きろ!」これから巡演作品にするということで、さらにブラッシュアップされていくことでしょう。

楽しみです★






















さて、次は僕からのお知らせです。

9月16日17日にサイエンスホールで新作をやります★

タイトルは

【DAIKU GASSHOW】

ダイクガッショウと読みます。

キャストもだいぶ集まり、ホームページも少しずつ出来てきてます★

チケットもいつのまにかしれーっと販売してますので、よかったら覗いてください★



舞台【DAIKU GASSHOW】特設サイト
→ https://daikugasshow.blogspot.com/

2018/04/19

問わず語り、時間=命

最近、色んな事が上手くいきません。

やる事なす事、思い通りに進みません。

もう頭の中がぐちゃぐちゃです。

心の中が嵐です。

でもよく考えたら、「上手くいってる時」より「上手くいかない時」の方が、色んなことが視える気がします。

ようやくこの歳になって、自分なりの「人付き合いのルール」みたいなものが視えてきました。

頭ぐちゃぐちゃ、足もとべちゃべちゃ、地べたに転がってるから視える景色。

せっかく貰ったこの今世。

時間=命、大切に使おう。

そして、そうする人といよう。

ようやく。

はっきり。

決めていく。

すこし、

すっきり。


春ですね。


※画像は本文とは全く関係ない、今日のナレ録り現場。
もやもや吹っ切るファルコン顔。
知ってる?
ファルコン。
ネバーエンディングストーリー。
いいタイトルだね。






2018/03/23

出演情報【ニノ国Ⅱ レヴァナントキングダム】モーションアクター

ようやく情報公開できます★

昨年やらせて頂いたお仕事。

レベルファイブ制作、スタジオジブリ制作協力

本日、2018年3月23日発売の


モーションアクターとして出演しております。

昨年のお仕事の中でかなり楽しかった現場でした。

ジブリ作品に関わるのは長年の夢でした。

「顔」も「声」も出てませんが、「動き」としてがっつり出ております。

主に担当したのは

ロウランというなかなか二枚目なメインキャラクターです。


キャラクターボイスは西島英俊さん。

ん~、イメージぴったり。

僕はプレステ4持ってないので、本体から買わなきゃ(笑)

ぜひ皆さんプレイしてみてくださいね★

ニノ国Ⅱ レヴァナントキングダム





出演情報【劇団ショーマンシップ 生きろ!】【リトルクイーンズ 開花】

同時多発的にいろんな事が進んでます。

嬉しいけどこんがらがって泣きそうです。

まずは公演情報!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第6回リトルクイーンズ発表会

【開花】

僕が指導してるダンススタジオの生徒達が、お芝居で少しだけ出演します★

公演の詳細はこちらから



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そして出演情報です★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

劇団ショーマンシップ

生きろ!~十五少年漂流記より~



詳しくは上記サイトで見てください★

何をするかまだ謎ですけど、外部出演は僕だけみたいですね。

しかも偉そうに一番前に。。。

何をするかまだ謎ですが、市岡さんなので必ず素敵な舞台になると思います。

楽しみです★