ページ

2019/06/18

さようならの距離


今朝、うちの同居猫、なぁちゃんが虹の橋を渡った

同居というのは、もともと野良でお家の中にずっと居られないからだ

おそらく地域猫みたいなもので、ご近所さんにも可愛がられていたんだろう

基本的には我が家をベースに気ままにあっちこち

でもほぼ毎日うちに帰ってきてた

僕がひとりで暮らし始めて、初めての同居猫

猫のことなんか全くわからないのでグーグル先生に何度も相談した



短い毛足のグレーのなぁちゃん

長い尻尾は折れてるらしくぶらんとしてるなぁちゃん

美人だけどドスの効いた鳴声のなぁちゃん

人懐っこくて大人しくて

とっても優しいなぁちゃん



台風の夜

僕のお家の玄関口で雨宿り

何の気なしにドアを開けた時

目があった



これからはもう



服につく毛に気を使うことも無いし

洗濯物の順番に気を使うことも無いし

キャットフードのローテーションに悩むことも無いし

朝方ごはんをくれと強めにアゴを噛まれることも無いし

毎日欠かさずやらされた毛づくろいをすることも無いし

絶対嫌われると思いながらシャンプーすることも無いし

お気に入りの押入れのドアを開けさせられることも無いし

帰ってくると可愛くない声でなかれることも無いし



もう、何にもしなくていい

それがこんなにもさみしい

もう、何にもしてやれない






いずれ別れが来るのなら

なんで出会うのだろう






たぶん

たぶんね

なぁちゃん



今日のために僕らは出会ったんだ




嵐の中で

目があった

見つめ合いながら

さようなら



僕らの

さようならは

出会った時より

近かった



たぶんこれが

僕らが出会った

僕らの意味




寂しいけれど

さようなら






出逢ってくれて

ありがとう










2019/05/31

フィルムチェインプロジェクト■僕の望むこと■


■僕の望むこと■



フィルムチェインプロジェクトのクラウドファンディングが始まりました。



少しずつ支援も集まってきました。



本当に感謝の気持ちでいっぱいです。



そんな中、もっとフィルムチェインプロジェクトというこの活動の意義というか、、、僕個人的な考えというか、そういうものを発信したいなと思い書いてます。



フィルムチェインプロジェクトを立ち上げた時。

0stのchainchainを撮った時。

1stの撮影をした時。

クラウドファンディングを始めた時。



どこか【一発当てなきゃ】【なんとか盛り上げなきゃ】的な雰囲気が流れているのを感じていました。(僕自身も声を上げた手前、何とかしなきゃと焦ってた部分もあったとおもいます。)



もちろん【カメラを止めるな】みたいにドーンと人気が出ることに越したことはないし、人がたくさん集まって賑やかになることに越したことはないです。



でもですね、僕はそれは、今の僕らにはあまり意味がないんじゃないかと考えてます。



きっとそれは打ち上げ花火です。

長続きしないと思います。



僕がフィルムチェインプロジェクトに望むのは、農業のような継続的な活動です。



売れることより、目立つことより、なにより、作り続けるタフネス、もっとみんながカメラの前で演じれるような土壌。



そんな、地味だけど、もっと揺るぎないものを作りたいのです。



そして、その強い土壌の上に花が咲けばいい。



だから今は打ち上げ花火はいらないと思ってます。



今派手に事が動いても、きっと誰一人まともに動けないでしょう。



オタオタするだけです。

(もちろんそういう機会があれば、その時は嬉しい悲鳴をあげながら頑張るのでしょうが)



どうやって作るのか。

どうすれば良くなるのか。

どうやって届けるのか。

どうやって広めていくのか。

どうすれば続けていけるのか。

どうすれば受け入れられるのか。



そんな事を日々考えながら、失敗しながら、みんなで共有して、少しずつ成功体験をして、そしてまた失敗して、、、



きっとその繰り返しの中でこそ、揺るぎない力が培われるのだと思います。



それが新たなフィールドを作る事だと、僕は思ってます。



今は小さくていい。

人が少なくてもいい。

まずは知ること。

まずはやること。

僕らが憧れるものの正体をしっかり視ていくこと。

しっかり失敗して傷つくこと。



そしてなにより、その中で笑っていられれば、最高ですね。



僕は、そうしていきたいです。



僕らの活動は今は地味です。

でも、すぐ消えるような盛り上がりはいりません。

(いや、盛り上がる事は嬉しいのですよ!僕だって今すぐ売れたい!爆発したい!)



5年後、10年後、小さかったり大きかったり、地味だったり派手だったり、色んな花が咲けばいいです。



それが僕の望みです。



だから、、、やっぱりしっかり全力で「今」を盛り上げて、成功も失敗も次の糧にしたいので、ぜひご支援お願いします(どっちやねんw)


福岡発映画プロジェクトFCPの上映会をしたい!
https://camp-fire.jp/projects/view/157467


2019/02/02

君と僕

最近、【演劇に関するアンケート】なるものをとっている。


↓↓↓↓↓[参照]↓↓↓↓↓

【演劇に関するアンケート⑴】2日(日)締め切り

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


ある役者さんから「皇史朗さんは、何のためにそんな事をするんですか?」と聞かれた。

だから何でアンケートなんかをとりだしたか、書きます。

特に『これから演劇の世界で、俳優の世界で生きていきたいと夢を持つ、若い子たち』に向けて書きます。

ちょっと長くなるけど、聴いてほしい。



《 演劇で生きていきたい君へ 》



まず、僕の話をさせてもらうね。

どんな言葉も、誰が言ったかが大事だから、僕の事を少しだけ知ってもらいたい。

君にとって【知らないおっさん】じゃなくて、【ちょっと知ってるおっさん】になって欲しい。

いや、そんなん良いから本題に入れよって人には、読み飛ばしやすいように【ここから】【ここまで】ってしるしをつけておくね。


■■■■■■■■■■■■■■■
↓↓↓↓↓ここから↓↓↓↓↓
■■■■■■■■■■■■■■■


僕の名前は鶴賀皇史朗。

福岡県出身。38歳。独身。

俳優。脚本家。演出家。和太鼓奏者。

福岡を拠点に舞台活動や演奏活動、ナレーションなどをやっていて、芸歴そろそろ20年のいわゆる中堅どころの地方演劇者だ。


高校を卒業して12年間、当時流行りだした職業?フリーターというものをやっていた。

2001年、たまたま応募した(嘘のようだけど、当時同居していた男友達が新聞の募集をみつけ推薦)福岡の商業劇場【博多座】のオーディションに合格し、全く舞台なんてやった事ないけど、準主役級のいわゆる『良い役』に合格してしまった。

ポッと出たお陰で、意地悪な先輩役者から、かなりイジメられた。

今までやった事のない演劇の世界で、誰も仲間がいないなか、陰湿ないびりは結構キツかった。

みんな敵に思えていた。

「尖ったナイフのようだった」と当時の僕を知る先輩はいつも話のネタにする。

そしてハードなスケジュール。

深夜のコンビニのバイトをしてたし、稽古の前後にも偉い方々とのお付き合いも沢山あった。(でも、ハタチそこそこのお兄ちゃんが食べられない美味しいものを沢山食べさせて貰ったので、それはそれで良い思い出だ。)

そんな初体験満載の目が回るような生活に、身体が耐えられなかったのか、僕は本番直前に顔面麻痺になった。

側頭部に激痛が走り、みるみる顔がかたまり、即入院。

本番が出来るのか微妙な時期だった。

回復の様子をギリギリまでみることになり、まだ麻痺が残ってたけど、演出家の先生が「それでも、こいつでいく」と言ってくれたから、なんとか舞台に立てた。

その後、麻痺は殆ど治ったけど、今でも後遺症で、疲れが溜まると右の顔が硬くなる。

それから20年弱、芸能事務所に所属したり、劇団を立ち上げて解散したり、ユニットを立ち上げ頓挫したり、地方発のドラマやラジオに出たり、CM出演やナレーションをやったり、太鼓を打ったり、演技を教えたり、舞台の脚本や演出をやったりしながら生きてきた。

そして今、僕は細々ながらも、この業界で「食っている」。


■■■■■■■■■■■■■■■
↑↑↑↑↑ここまで↑↑↑↑↑
■■■■■■■■■■■■■■■


これが僕の20年のあらまし。

【ちょっと知ってるおっさん】になってくれたかな?

そんな僕が、ここの所ずっと、いや、演劇を始めてからずっと考えている事がある。


『どうして演劇というのは、こんなにも食えないのか』だ。


20年前、僕が演劇始めた頃、《今と同じように》大多数の演劇人は食えてなかった。(バブルの頃は流石に良かったらしいが、やはりバブルはバブルだ。異常事態だったんだ。)

《今と同じように》だ。ここ重要。

20年前。

「いや~、最近は演劇熱いよ。良くなるよ。盛り上がるよ。」と先輩の演劇人は言っていた。

20年経った今。

【変わっていない】

それがずっと演劇と一緒に過ごしてきた僕の感想だ。

正確には

【時代】は変わったけど、【演劇のフィールドや性質】は変わっていないってこと。

インターネットが普及し始めて、ホームページ、ブログ、ミクシィ、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、ティックトック、クラウドファンディング、etc.と爆発的に【時代】は変わってきた。

ものすごい速度で時代はアップデートされている。

いわゆる【情報革命】ってやつだね。


でも、演劇自体が持つ【性質】は殆ど変わっていない。


どんな性質か。

【非生産性】だ。


正確には【商業的視点から見た生産性の悪さ】だね。(文化的視点から見ると、演劇はとてもとても生産的な性質をもってるよ。)


君も演劇をやった事があるなら分かるだろ?


演劇ってさ、一つの作品を創るのに、膨大なエネルギー(時間・労力・資金)を費やすんだ。(この燃焼が演劇の魅力のひとつでもあるけどね)

1ヶ月から3ヶ月、長い所では半年かけて稽古をし、【数日間の劇場公演】で、終わり。

少ない予算ではキャストのギャラなんて微々たるものだ。

いや、貰えない所もあるんじゃないかな。


この辺りの数字は今アンケートを取っているから、是非アンケートに答えて参考にしてほしい。

↓↓↓↓↓[参照]↓↓↓↓↓

【演劇に関するアンケート⑵】
《出演本数と拘束期間について》

【演劇に関するアンケート⑶】
《チケットの販売枚数と出演料について》

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

具体的な計算はアンケートが終わったらまた詳しくするね。


よほどの商業ベースで活動・スポンサードされている劇団(劇団新感線・大人計画・劇団四季など)でないと、公演でのペイは難しい。

そしてほとんどの地方演劇者は「有名人」ではないので、スポンサードされ辛いんだ。(助成金って選択肢もあるけど、それにも限りがある)


何が言いたかったかって言うと、


演劇というものは、元々のその仕組みが「食べられない」もしくは「非常に食べづらい」んだ。


【仕組みから破綻】してるんだ。


でも僕らは、あの華やかなステージに憧れる。

あんな風になりたいと、強烈に夢見て胸を焦がす。


ただ、どうしようもなくこの業界は多くの夢の残骸の上に成り立ってる。

沢山の沢山の【出来なかった】【諦めた】の上にある。(この辺りのことも、大人の世界のことも、また書くね)


だからアンケートをとることにしたんだ。


僕らが夢描く演劇の世界の本当の姿がみたい。

『なんとなく』ではなく、『数字』で。

そして、その数字・事実から、演劇に対する概念を今一度考え直したいと思っている。

僕はこの結果を持って、新しいプロジェクトを立ち上げようと思ってるんだ。よかったら頭の片隅に置いておいて。

でも、このアンケートの結果は僕のプロジェクトと切り離しても、とても有意義だと思う。

特に、これから俳優や演劇で生きていくことを目指す君達には、大きな道しるべになるんじゃないかな。



「何のためにそんな事をするんですか?」


「後輩のため、演劇のため」


と僕は答えた。


でもね、本当は「僕の為」でもある。


君たちはね、若かった「あの日の僕」なんだ。

右も左も分からないけど、熱烈に舞台や映像に憧れ、夢見ていた「あの日の僕」だ。


でもこの業界は不透明で掴みづらく残酷だ。

きっと君らの多くは、いつの間にか大切な時間と体力を奪われる事になる。

だから、僕のやる事が少しでも君らの助けになればと思う。

君と演劇の未来が少しでも明るくなればと思う。


それがあの日、僕をいじめていた先輩へのアンサーだ。



ごめんね。


長くって。


最後まで読んでくれてありがとう。



2019/02/02 鶴賀皇史朗



追伸

よかったら最後にアンケートに答えて、シェアしてくれると嬉しいな☆

↓↓↓↓↓[参照]↓↓↓↓↓

【演劇に関するアンケート⑴】2日(日)締め切り 急いで☆

【演劇に関するアンケート⑵】
《出演本数と拘束期間について》

【演劇に関するアンケート⑶】
《チケットの販売枚数と出演料について》

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑





2018/09/19

【DAIKU GASSHOW】終了しました★その1?

DAIKU GASSHOW



全公演、無事に終わることが出来ました。



ご来場下さいました皆様、関係者の皆様、スタッフ&キャストの皆様、本当にありがとうございます。



心よりお礼申し上げます。



ありがとうございました!








、、、



、、、



はー、終わったー。



やっぱり舞台はてーへんだー(笑)



終わった後、脳みそバリーンってなるー。



その話を打ち上げでするとバンさんに、ちょっとなに言ってるか分からないって言われた。



なるよー。ジュイーンって。




今回、再演を望む声の多いこと。



大変嬉しく思っております。



ただ今再演に向けて、なにやら動きがあるようです。



信和さんの最高の大道具、とってあるので大丈夫!



沼口さんの最高の音楽、データなので大丈夫!



もっと色んな人に観てもらいたいな。






さて、ここらで文字数制限のないブログの良いところで、少し、内容のお話を、、、(めったに書かない分、長文だよー)




まず、一番最初に考えてたことは



「全くの素舞台から最終的にでっけー建物がどっかーんって出来たら、度肝抜かれるよね〜。」



でした。



で、なんで建てるのかっつーと「衣食住三部作」みたいなのが出来たら良いなぁと、やんわり考えてて、【DAIKU GASSHOW】は、その「住」の部分。



その次は



「大工だから第九に合わせてライブで建ててったら面白いよねー」



という安易な発想でした(笑)



でもこれ、のちに聞くと既出らしく、既に【大工×第九】はやられてるらしいとの事で、残念だったけど、アイデア自体はまあ、単純なので被るちゃ被りますね。



それで、次に考えたのが、【誰が演奏するのか】でした。



今回、主役の「慎之介」というキャラクターは最初、普通の男の子でした。



で、プロットや台詞を書き始めてすぐに「なんか違うぞ、、、」と。



今回の第九の演奏は、何というか「脳みそぱっかーん!煩悩どっばーん!なにこれー!」な演出にしたかった。



1999年の師走。


なんだかごちゃごちゃしたあの時。



その雰囲気を第九の演奏にのせたかった。


あの「いい未来」がくるのか「わるい未来」がくるのか分からないあの時を。



そんなごちゃごちゃをまとめる指揮者って何だ?



やっぱり見えない明日を見つめる人間って何だろう。



この時、どこかで聞き齧った一つの言葉が、それはもう電気がショートするようにバチバチーって頭に響きました。



「あいえす」



あれ?なんだったけ?



「あいえす、アイエス、IS、、、そうだ、確か、中性の人達だ。」



そうだ。



男でも女でもない。そしてどちらでもある。



そんな人が奏でる音楽が聴きたい。



そんな人が視る景色を視てみたい。



慎之介、僕はきみに会ってみたい。




それからはISの勉強と、どう描くのかの戦い。



今までジェンダーに関する知識は殆ど「なんとなく」で済ませてきてました。



今回、ジェンダーに関する勉強をすればするほど、知れば知るほど、自分が変わっていくのがわかった。



なんというか、、、優しくなれた。



慎之介を通して、慎之介を描くことで、僕自身も優しくなれた。



それがとても嬉しかった。



ありがとう。




そして次に【誰が慎之介を、演じるのか】ですよ。



主演のSO君は、もう本当に、僕の想う慎之介。



慎之介そのもの。



彼とは、56年前博多座で共演して以来。



その時はあまり絡む事なく、それっきりでした。



ずっと「慎之介を誰にお願いするか」と悩んでた時、他劇団のある舞台の稽古中だったのかな、出演者の人に用があって、部外者の僕は稽古場の外でウロウロ困り果ててた時に、たまたまSO君が出てきて、SO君にその出演者を呼んできて貰うように頼んだんです。



もうね、カミナリ。



「あーーー!いたーーー!慎之介がいたーーー!」



ですよ。



胸を撃たれるとはこの事。



その他色んな奇跡に恵まれ、無事、慎之介くんに出会えました。








そして慎之介におねーちゃんが欲しいなと思い、【gift】の仲宗根治枝の弟?妹?にしました。




もうバカソネこと中村公美ちゃんとSO君の相性の良いこと良いこと。








そこから、この二人を中心に物語を進めていくことに。



あとはキャストの皆さんから「台本はまだか〜、ラストはどうなる〜」のプレッシャーの中、ぎいい!ってなりながら書きました。



本当に最高のキャスト陣でした。







ありがとう。




数え上げればキリが無いほど、言いたいこと、書きたいことはあるけど、最後に、、、





みんなに会えて良かった。





あなたに会えて良かった。





生まれて良かった。





本当にありがとう。








2018/09/19   鶴賀皇史朗







追伸



あ、今日はSOくんの誕生日らしい。



お誕生日、おめでとう。



生まれてくれて、ありがとう。



またね。





2018/07/04

生きた!そして次へ! DAIKU GASSHOWだ!

劇団ショーマンシップ「生きろ!」

無事終了いたしました★

ご来場下さいました皆様、本当にありがとうございます!

もう終わってから全身痛くてダウンしておりました(笑)

この「生きろ!」これから巡演作品にするということで、さらにブラッシュアップされていくことでしょう。

楽しみです★






















さて、次は僕からのお知らせです。

9月16日17日にサイエンスホールで新作をやります★

タイトルは

【DAIKU GASSHOW】

ダイクガッショウと読みます。

キャストもだいぶ集まり、ホームページも少しずつ出来てきてます★

チケットもいつのまにかしれーっと販売してますので、よかったら覗いてください★



舞台【DAIKU GASSHOW】特設サイト
→ https://daikugasshow.blogspot.com/